富士・箱根・伊豆バスツアー・貸切バスの専門旅行会社|三嶋観光バス株式会社
TEL
0120-750-559
月〜土 9:00〜17:30(祝日を除く)

第6回

44番札所〜49番札所・52番札所

四十四番札所 広台寺(下田市蓮台寺)

うば王の 暗き心を そのままに 祈れば登る 廣き台に
山号 湯谷山
曹洞宗
草創・不 明

創立年代は分からないが、創建当時は桂昌庵という小庵で蓮台寺温泉の郊外の高台にあったと言われる。

1612(慶長十七年)曹洞院(52番札所)の宗逸和尚が再興し、現在地に移され、曹洞宗、湯谷山・広台寺となる。また伊豆横道の19番札所で十一面観音像が奉安されている。蓮台寺温泉の自然豊かな小路がお寺の参道へ続いている。

のんびりとした気分になれる。途中、足湯や温泉が沸いている。

四十五番札所 向陽院(下田市河内)

煩悩の 霜も氷も みなとけて むかう朝日の 心さやけき
山号 三壺山
臨済宗・(建長寺・末)
本尊・虚空蔵菩薩像は弘法大師作

阿闍梨が諸国行脚でこの河内の里に来て現在、寺のあるあたりを眺めているといかにも諸仏が教え導く霊地勝境であると感じ、虚空蔵菩薩、地蔵菩薩の二菩薩を本尊に、地蔵密院と号して創建。その後 1492(明応元年)鎌倉・建長寺より、宣梅和尚が来て再興。三壷山・向陽院名づけ臨済宗に属した。

本尊・虚空蔵菩薩像は弘法大師作と伝えられ、漁師、船乗りの海上安全、里の人々の家内安全の祈願所として信仰を集めている。
本堂までの参道は草花の手入れ行き風情がある。金比羅宮と天満宮が祀られ伊豆の金比羅さんと親しまれている。

四十六番札所 米山寺(下田市箕作)

みな人のいのちも拝むよねやまの善提のかてをみつくりの里
山号 砥石山
無属(宗派に属さない)
草創 天平五年 (733)
本尊 薬師如来

本尊の薬師如来は行基の作で、越後、伊予、伊豆の三ヶ所に有り、三大薬師といわれる。正しくは「よねやまじ」と読むが、通称「べーさんじ」と呼ばれている。宗派に属した寺ではなく、無住。

天平五年に行基が米山寺のあるこの地に来て四方を見渡し「この地は東方医王の浄刹に似ている。仏を作り寺を建てるに佳いところである。」としたところ。「蒼生競って道意に違わず」日ならずして寺が創られ本尊も善くできた。これが見作(箕作)村の謂れである。

石段を登った所に本堂、五百㍍ほど登ると奥の院がある。

四十七番札所 龍門院(下田市相玉)

たぐいなく かかるみ法の 相玉に 菩薩たつかど 拝むうれしさ
山号 保月山
曹洞宗
草創・1099(康和元年)
通称、相玉の庚申さん

康和元年(1099)甲子6月24日、保月嶽の頂上にある老松に光を放つものがあった。行ってみると仏像である。そこで龍門ヶ嶽に小庵をたてて安置した。そのころ近隣のあちこちに川淵があり龍蛇が住んでおり降臨したので相玉の龍門寺と名付けた。

後年、行脚の僧が「この仏像は青面金剛明王」であるといって祀るようになった。その後衰退していたが、1593(文禄二年)太梅寺四世・法山宗禅が、文禄二年(1593)に再興し曹洞宗に改宗し、現在に至る。
青面金剛は庚申の本地、帝釈天の使いともいわれ、青い顔をした金剛童子で形相は六臂、弓矢、宝剣を手にし、両足に一鬼を踏まえている。病魔、病鬼を制伏、もろもろの悪霊邪気を除くために祈願する。「相玉の庚申さん」と親しみを込めて呼ばれる。

四十八番札所 報本寺(下田市加増野)

めぐり来て 本に報いる 寺なれば まいる御縁の めぐみなりけり
山号 婆娑羅山
臨在宗・(建長寺・末)
草創・1326(嘉暦元年)
通称、婆娑羅の山隋院さん

元享三年(後醍醐天皇1323)今の下田市堀内の真言宗・成就院の円願阿闍梨が、宝蔵院(八十一番札所)へ就く途中、霊地である事を感じ、嘉暦元年(1326)開創した。

本尊は成就院にある観音像を還したものと伝えられる。後(年代不明)に僧.松嶺(滋賀県.永源寺十三世)に随行して来た哲叟が留錫して臨済宗として再興する。現在の本堂は文化年代 1804-17に立てたもの。この寺の鎮守山随権現の祭りとして毎年8月11日に大升を引き廻す「幡廻し」という祭りがあり下田市の無形文化財になっている。

庭にある樹齢数百年のしだれ桜は咲くと見事。国内で3本の指に数えられる”オガタマ”の巨木も見ごたえがある。枝垂れ桜、オガタマの木、供に天然記念物。

四十九番札所 太梅寺(下田市横川)

谷深き かすみの中に 太梅寺 群れくる鳥も 法のこゑごゑ
山号 神護山
曹洞宗
草創・1046(寛徳三年)

寺伝によれば、後冷泉天皇の寛徳三年(1046)真言宗の僧、桓舜僧都が名山霊地を探し行脚しこの地に至り、地勢を見て求めていた霊地であると知り、樹の下で座禅を組んで一夜を過ごしたところ夜半に一人の童子が現れ「永い間、明るい光を持って世間を照らすということは大きなご利益になるのではないでしょうか」と言う。そして草庵を造ったのが始まり。

その後衰退、再興を繰り返し、弘治三年(1557)僧、実堂宗梅が曹洞宗に改宗し開山。

本尊の地蔵菩薩像は行基の作。寺の背後の山に寺ゆかりの鎮守稲荷明神がある。

五十二番札所 曹洞院 (下田市大賀茂)

そうとうの仏につかえ心よく少林山へ参るうれしさ
山号 少林山
曹洞宗 
草創・不明(弘法大師修行の霊跡)

再度の火災で古記録等一切焼失し、創立年代等は不明。弘法大師修行の霊跡で、真言宗の大刹であった。大永五年 (1525)曹洞宗に改宗され現在に至る。本堂内には古い仏像多数。

本堂内にある、薬師如来坐像は 像高92.0cm。桧か榧の一材を用いて頭から体の根幹部を造った後に割り、干割れを防ぐために内刳(うちぐり)を施した上で合わせた、割矧造の技法で造られている。平安時代後期の作と考えられ、胎内には寛永10年(1633)の修理銘がある。また、本堂欄間は鮮やかなブルー地に天女が舞う美しい漆喰のこて画が描かれている。山門は、元禄年間の火災で唯一焼失を免れ、江戸様式。左甚五郎の作と言われている。

県道119号線に立つ石碑を山に向かって入り、のどかな山間の田園風景に見とれながら山門へと向かう。境内は散策できそうな広い日本庭園で、本堂前の蓮が揺れ、静寂の中に渡る風が清清しい。